朱肉入 七々子

sh-00136 zoom_in

印鑑が用いられるようになる前は血判が使用されていました。血判とはその名の通り、自分の血を使って拇印を押すことです。 しかし、判を押すたびに血を流すわけにはいかず、代わりに疑似血液を使用するようになったのが朱肉の始まりと言われています。 自身の「肉」を切って判を押していたので、「肉」という字があてられるようになったというわけです。 別の説では、肉に似た色と弾力から朱肉という名前になった、とも言われます。 大きく分けて、「練り朱肉」と「スタンプ朱肉」があるかと思いますが、こちらはスタンプ朱肉のものとなります。 七々子塗は丸い輪っかの模様が特徴的です。これは、菜種を蒔きつけてつけた模様です。ですので、きちんとした丸い形ではなく、いびつなものもあったり、大きいものも小さいものもあります。 津軽塗の4技法の中の1つで、津軽塗がはじまったとされる遥か昔からあるとされています。 種漆(七々子塗り専用に、特別に配合した漆)を丁寧に、均等に塗り、菜種を蒔きつけます。1~2日乾燥させ、菜種を剥ぎ、ある程度、模様の高さを揃えるために種磨き(ヤスリや砥石などで軽く磨く)をし、色漆を数回塗り、研ぎ出し、仕上げます。唐塗とは違い模様の凹凸が低いため、均等に、綺麗に研ぎだすというのは至難の技です。下積みをしっかり重ねてきた職人以外は綺麗に仕上がりません。 ムラになったり、模様が無くなったりします。塗る回数は唐塗の方が多いですが、七々子塗のほうが値段が高いというのは、そういった技術的な要素があるためです。 上品な見た目ですので飽きがこず、長く使用して頂けるものとなっております。 この機会に是非いかがでしょうか。製造は全て弊社工房にて1つ1つ丁寧に手作業で仕上げております。 ご自分で使用するのもいいですし、ギフトにも最適な逸品となっております。 弊社では製造から販売、卸を一貫して自社工場で行っておりますため、無駄なコストを省き、 この価格を実現させました。また、他社ではまねできないアフターフォローにも自信があります。

修理等お手入れ方法のページへ

七々子塗の技法詳細ページへ」  

寸法:直径約8cm×高さ約2.2cm

※1つ1つ手作りのため、模様が写真とは若干異なります。

※カメラのフラッシュ等で色具合いが若干異なる場合がございます。

  • zoom_in
    sh-00136
    朱肉入 七々子
    8,250(税込)
    数量